CL107FDSHWとCL108FDSHWの違いを比較すると3つある!徹底解説

広告

CL107FDSHWとCL108FDSHWの違いを比較すると3つある!徹底解説

マキタ充電式コードレス掃除機のCL107FDSHWとCL108FDSHWに違いを比較して、徹底解説します♪

CL107FDSHWとCL108FDSHWの違いを比較したところ、以下の3つでした。

  1. CL107FDSHWは紙パック式でCL108FDSHWはカプセル式の集じん方法
  2. 重さはCL108FDSHWの方が100g軽い
  3. パワフルモードの吸引力がCL107FDSHWの方が大きい

マキタはプロ仕様の掃除機のメーカーでもあるので、吸引力には定評があります。
CL107FDSHWとCL108FDSHWは家庭用なので、軽量で吸引力もあるので人気ですよ♪

大きく違うのは「集じん方法が紙パック式か、カプセル式」ということです★

本文にて詳しくお話ししますね♪

▼紙パック式のCL107FDSHW

>>>CL107FDSHWの口コミや性能はこの記事でご紹介しています

▼カプセル式のCL108FDSHW

マキタCL107FDSHWとCL108FDSHWの違いを比較

マキタ充電式コードレス掃除機のCL107FDSHWとCL108FDSHWの違いは以下の3つです。

  1. CL107FDSHWは紙パック式でCL108FDSHWはカプセル式の集じん方法
  2. 重さはCL108FDSHWの方が100g軽い
  3. パワフルモードの吸引力がCL107FDSHWの方が大きい

それぞれの違いを詳しくご紹介しますね♪

CL107FDSHWは紙パック式でCL108FDSHWはカプセル式の集じん方法

CL107FDSHWとCL108FDSHWとでは集じん方法が違います。

  • CL107FDSHW紙パック式(ダストバッグもあります)
  • CL108FDSHWカプセル式(サイクロンアタッチメントがあります)

最大の違いはこの点です。

マキタ充電式コードレス掃除機CL107FDSHWの紙パック式の特徴

CL107FDSHWは紙パック式です。

掃除機の集じん方法としては最近はサイクロン式が人気ですが、紙パック式もまだまだ人気ですよ。

紙パック式の人気の理由は何と言っても

紙パック式の人気の理由
・ゴミ捨てが簡単 紙パックを取り出して捨てるだけなのでホコリなどが舞い上がりにくい

▼CL107FDSHWの特徴

  • 紙パック式でゴミ捨てが簡単
  • カバー開閉はボタンでワンタッチ
  • 紙パック取付部にはスポンジで密着度の高いバルブステーコンプリートを採用吸ったゴミを逃さない
  • 付属のダストバッグは洗って使えるので紙パック不要


カバーをワンタッチで開けて、ゴミのたまった紙パックをスッと取り出し、そのままゴミ箱にポイッと捨てる

簡単でラクですよね♪

紙パック代が気になる場合は付属のダストバッグに付け替えれば、洗って何度も使えますよ♪

紙パックは10枚入りが標準付属品として同梱されています。
▼買い足し別売り紙パック

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥490 (2024/07/20 12:01:13時点 Amazon調べ-詳細)

ダストバッグ1枚は標準付属品として同梱されています。
▼ダストバッグ(買い足し)

マキタ充電式コードレス掃除機CL108FDSHWカプセル式の特徴

CL108FDSHWは紙パック式でもサイクロン式でもなくカプセル式です。

▼CL108FDSHWの特徴

  • 紙パックを使用しないので、紙パック代不要
  • 紙パックよりも集じん容量が大きい(紙パック:300ml、カプセル:600ml)
  • カプセル部はひねって外し、中のゴミを捨てるだけ
  • サイクロンアタッチメント(別売)を取り付けてサイクロン式としても使用できる


カプセル式の特徴

・紙パック式のデメリット 紙パック代がかかる
・サイクロン式のデメリット ゴミ捨て時にホコリなど舞い上がりやすい

ということが解消できますよ♪

カプセル式はフィルターを装着します。
こまかいホコリはフィルターに付着していくので、定期的に洗うことをおすすめします。

★別売りのサイクロンアタッチメントを取り付けてサイクロン掃除機としても使用できますよ。


サイクロンアタッチメントはカプセル部分よりも吸込口に近い場所に取り付けます。
カプセル内に溜まるホコリの量が減らせるので、吸引力が弱くなるのを防ぐことができますよ♪

サイクロンアタッチメントで紙パック不要で紙パック代もいらない♪

サイクロンアタッチメントを取り付ける場合、パイプを延長させると扱いやすいです♪

重さはCL108FDSHWの方が100g軽い

CL107FDSHWとCL108FDSHWの重さ(どちらもバッテリー含む/ノズル・パイプ除く)

  • 紙パック式のCL107FDSHW:1.1kg
  • カプセル式のCL108FDSHW:1.0kg

CL108FDSHWの方が100g軽いですね。

どちらもコードレス掃除機としてはかなりの軽量ですよ♪

オプションのサイクロンアタッチメントの重さは350gです。

パワフルモードの吸引力がCL107FDSHWの方が大きい

紙パック式のCL107FDSHWの吸引力は
・パワフルモード 32W
・強モード 20W
・標準モード 5W

カプセル式のCL108FDSHWの吸引力は
・パワフルモード 30W
・強モード 20W
・標準モード 5W

紙パック式のCL107FDSHWの方が、パワフルモード時2W吸引力が大きいです。

ただ、紙パック式は紙パック内にゴミがたまってくると吸引力が落ちていきます。
吸引力の差はあまり感じないかもしれません。

CL107FDSHWとCL108FDSHW どっちがおすすめ?

CL107FDSHWとCL108FDSHWの違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめか整理しますね。

CL107FDSHWがおすすめな人

  • ゴミ捨てが簡単な紙パック式がいい
  • フィルターを洗うなどのメンテは省きたい
  • 軽量でパワフルなコードレス掃除機がほしい

紙パック式は紙パック代がかかるのと吸引力が落ちてくるというデメリットはありますが、面倒な作業を省きたい方にはピッタリです。

紙パック代が気にならないなら、こまめに交換することで吸引力も落とさず排気も気にせず使えますよ。

>>>CL107FDSHWの口コミや性能はこの記事でご紹介しています

CL108FDSHWがおすすめな人

  • 紙パック不要でゴミ捨てが簡単な掃除機がほしい
  • 軽量でパワフルなコードレス掃除機がほしい

紙パック代が気になる方にはカプセル式のCL108FDSHWがおすすめです。

CL108FDSHWは紙パックではなくカプセルの中のフィルターを使用します。
フィルターは定期的に洗うことをおすすめします。

排気が気になる場合は高機能なフィルター(別売)もあるので安心ですね。

▼高機能HEPAフィルター(付属プレフィルターと併用)

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥784 (2024/07/20 12:01:14時点 Amazon調べ-詳細)

CL107FDSHWとCL108FDSHWの違いは紙パック式かカプセル式かということです。

普段の生活スタイルでどちらの方がご自分に合っているかという点で選ぶのがいいですね♪

CL107FDSHWとCL108FDSHWの比較表

紙パック式のCL107FDSHW
カプセル式のCL108FDSHW

の違いを表にまとめました。

CL107FDSHWCL108FDSHW
集じん方法紙パック式
(ダストバッグ)
カプセル式
(サイクロン式)
吸引力
(仕事率)
パワフル:32W
強:20W
標準:5W
パワフル:30W
強:20W
標準:5W
連続使用時間パワフル:約10分
強:約12分
標準:約25分
パワフル:約10分
強:約12分
標準:約25分
充電時間約22分約22分
寸法960×112×150
(パイプ、ノズル付)
956×110×150
(パイプ、ノズル付)
重さ1.1kg
(バッテリー含む/ノズル・パイプ除く)
1.0kg
(バッテリー含む/ノズル・パイプ除く)
集じん容量紙パック:330ml
ダストバッグ:550ml
カプセル:600ml
サイクロンダストケース:400ml
標準付属品抗菌紙パック(10枚) ・ダストバッグ・ノズル ストレートパイプ ・サッシ(すきま)ノズルプレフィルタ・フィルタ ・ストレートパイプ・ノズル ・サッシ(すきま)ノズル

比較表を見てみると、CL107FDSHW(紙パック式)とCL108FDSHW(カプセル式)の機能に大きな違いは少ないことがよくわかりますね。

紙パック式かカプセル式かで集じん容量と標準付属品に違いがありますよ。

▼紙パック式のCL107FDSHW

▼カプセル式のCL108FDSHW

マキタCL107FDSHWとCL108FDSHW 共通の機能や特徴

ここからはCL107FDSHWとCL108FDSHWの共通の機能や特徴をお話ししますね♪

パワフル吸引とコンパクト軽量なのでラクラクお掃除

マキタは歴史のある電動工具メーカーです。
プロ仕様の製品が多い中の家庭用コードレスクリーナーなので、吸引力もパワフル!

CL107FDSHWとCL108FDSHWも家庭用なので、コンパクトに設計されています。

他メーカーのコードレスクリーナーと比べても軽量なので、腕への負担も軽くラクラクお掃除できますね♪

3モードのワンタッチスイッチで切り替えが簡単


3つのモードが切り替え簡単です。

  • パワフル
  • 標準

マキタはプロの掃除業者が使用する掃除機のメーカーでもあるので、家庭用掃除機の吸引力の大きさでも人気があります。

比較表でわかるようにモードによって連続使用時間が変わるので、気になる場所は強やパワフルモードにする程度がいいですね。

約22分の急速充電バッテリーがうれしい


バッテリーが切れても約22分で急速充電できるのが便利ですね。

お掃除の間のちょっとしたスキマ時間でもサッと充電できるのがうれしいですよね♪

★すでにマキタのコードレス掃除機を使用されていて、買い替えを検討されている方もいらっしゃいますよね。
同じ10.8Vリチウムイオンバッテリーをお持ちの方の場合、バッテリーと充電器なし本体のみの購入もできますよ。

▼紙パック式CL107FDSHWの本体のみ(バッテリーと充電器なし)

▼カプセル式CL108FDSHWの本体のみ(バッテリーと充電器なし)

LEDライトで薄暗い場所のお掃除に便利


バッテリ切れお知らせ機能付きLEDライト付きです。

ソファーやベッドの下、家具のすき間など薄暗い場所にLEDライトがあると便利ですね♪

バッテリー容量が少なくなると点滅して知らせてくれます。

ノズルがまっすぐ立てやすいので収納が助かる

ノズルがまっすぐ立ってくれるので、収納時に助かります。

ソファの下なども、床面に対して密着できるのでラクラクお掃除できますよ♪

以上、CL107FDSHWとCL108FDSHWの共通の機能や特徴をご紹介しました♪

マキタCL107FDSHWとCL108FDSHW 違いの比較まとめ

以上、マキタ充電式コードレス掃除機のCL107FDSHWとCL108FDSHWに違いを3つお伝えしました♪

違いはこの3つでしたね

  1. CL107FDSHWは紙パック式でCL108FDSHWはカプセル式の集じん方法
  2. 重さはCL108FDSHWの方が100g軽い
  3. パワフルモードの吸引力がCL107FDSHWの方が大きい

重さと吸引力の違いはあまり気にならないかもしれません。

大きく違うのは、「集じん方法が紙パック式か、カプセル式」ということです。

マキタのコードレス掃除機は軽量で吸引力もあるので人気です。

「紙パック式がいい」方にはCL107FDSHWは十分満足できるはずです♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼ゴミ捨てラクラク紙パック式CL107FDSHW

>>>CL107FDSHWの口コミや性能はこの記事でご紹介しています

▼紙パック不要カプセル式CL108FDSHW